「日本とドイツ ふたつの『戦後』」熊谷徹著

公開日:  更新日:

 かつて同盟国として第2次世界大戦を経験し敗戦国となった日本とドイツは、戦後、ともに物づくり大国・貿易立国として蘇った。しかし、戦後70年を迎えた今、かたやEUのリーダーとして存在感を増すドイツと、競争力を失い周辺諸国と摩擦を抱える日本とはまったく違う道を歩んでいる。その差がどこから生まれたのか。在独25年の著者が、両国の戦後を考察したリポート。

 日本との最大の違いは、戦後のドイツ社会は、ナチス時代の過ちへの反省から、何よりも倫理を重視した国家をめざすという原則に貫かれているところにあると指摘。両国の歴史認識や経済、エネルギー政策などを論じながら、日本が今後進むべき道を提言する。(集英社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る