「日本とドイツ ふたつの『戦後』」熊谷徹著

公開日: 更新日:

 かつて同盟国として第2次世界大戦を経験し敗戦国となった日本とドイツは、戦後、ともに物づくり大国・貿易立国として蘇った。しかし、戦後70年を迎えた今、かたやEUのリーダーとして存在感を増すドイツと、競争力を失い周辺諸国と摩擦を抱える日本とはまったく違う道を歩んでいる。その差がどこから生まれたのか。在独25年の著者が、両国の戦後を考察したリポート。

 日本との最大の違いは、戦後のドイツ社会は、ナチス時代の過ちへの反省から、何よりも倫理を重視した国家をめざすという原則に貫かれているところにあると指摘。両国の歴史認識や経済、エネルギー政策などを論じながら、日本が今後進むべき道を提言する。(集英社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る