「日本とドイツ ふたつの『戦後』」熊谷徹著

公開日:  更新日:

 かつて同盟国として第2次世界大戦を経験し敗戦国となった日本とドイツは、戦後、ともに物づくり大国・貿易立国として蘇った。しかし、戦後70年を迎えた今、かたやEUのリーダーとして存在感を増すドイツと、競争力を失い周辺諸国と摩擦を抱える日本とはまったく違う道を歩んでいる。その差がどこから生まれたのか。在独25年の著者が、両国の戦後を考察したリポート。

 日本との最大の違いは、戦後のドイツ社会は、ナチス時代の過ちへの反省から、何よりも倫理を重視した国家をめざすという原則に貫かれているところにあると指摘。両国の歴史認識や経済、エネルギー政策などを論じながら、日本が今後進むべき道を提言する。(集英社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る