「大林宣彦の体験的仕事論」大林宣彦語り、中川右介構成

公開日: 更新日:

 77歳の今も第一線で活躍する映画監督に学ぶ実践的ビジネス指南書。

 映画会社に入社しなければ映画監督になれなかった時代。氏は、誰もまだやっていないものを撮ろうと8ミリカメラで映画を製作。それが、コマーシャルフィルムの監督、そして劇場用映画の監督の道を開いたという。そうした半生や映画製作の現場を紹介しながら、仕事に取り組む姿勢や考え方を語る。

 例えば、運動会を撮影するロケが雨になったら、普通は撮影を中止にするが、氏ならば誰にも「雨の運動会」の記憶があるはずと、撮影を決行するといい、トラブルが起きたときは「チャンスが来た」と思えと説く。さらに、多くのスタッフを束ねてきた経験から語るリーダーの法則など実践的ヒントが満載。

(PHP研究所 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る