「大林宣彦の体験的仕事論」大林宣彦語り、中川右介構成

公開日: 更新日:

 77歳の今も第一線で活躍する映画監督に学ぶ実践的ビジネス指南書。

 映画会社に入社しなければ映画監督になれなかった時代。氏は、誰もまだやっていないものを撮ろうと8ミリカメラで映画を製作。それが、コマーシャルフィルムの監督、そして劇場用映画の監督の道を開いたという。そうした半生や映画製作の現場を紹介しながら、仕事に取り組む姿勢や考え方を語る。

 例えば、運動会を撮影するロケが雨になったら、普通は撮影を中止にするが、氏ならば誰にも「雨の運動会」の記憶があるはずと、撮影を決行するといい、トラブルが起きたときは「チャンスが来た」と思えと説く。さらに、多くのスタッフを束ねてきた経験から語るリーダーの法則など実践的ヒントが満載。

(PHP研究所 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  6. 6

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る