「『お迎え』されて人は逝く」奥野滋子著

公開日:  更新日:

 死が近づくと、あの世から「お迎え」がきて連れて行ってくれる――緩和ケア医として2500人を看取ってきた著者は、死にゆく人の前に目に見えない人物やペット、神仏が現れて交流する、これまで言い伝えと思われてきたこの「お迎え」現象が確かに起きていることを実感するという。

 60歳の卵巣がん患者が、幼いときに死別した母親に手を握ってもらった「お迎え」現象を経験して、自分の死を受け入れられるようになった様子などを例に、お迎えが本人や周りの家族にどのような効果を及ぼすかを説く。多くの看取りのエピソードを紹介しながら、終末医療のあり方や、穏やかな死のプロセスを提案した「死の予習」ができるテキスト。

(ポプラ社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る