「『お迎え』されて人は逝く」奥野滋子著

公開日: 更新日:

 死が近づくと、あの世から「お迎え」がきて連れて行ってくれる――緩和ケア医として2500人を看取ってきた著者は、死にゆく人の前に目に見えない人物やペット、神仏が現れて交流する、これまで言い伝えと思われてきたこの「お迎え」現象が確かに起きていることを実感するという。

 60歳の卵巣がん患者が、幼いときに死別した母親に手を握ってもらった「お迎え」現象を経験して、自分の死を受け入れられるようになった様子などを例に、お迎えが本人や周りの家族にどのような効果を及ぼすかを説く。多くの看取りのエピソードを紹介しながら、終末医療のあり方や、穏やかな死のプロセスを提案した「死の予習」ができるテキスト。

(ポプラ社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る