「動くものはすべて殺せ」ニック・タース著、布施由紀子訳

公開日:  更新日:

 1968年、米軍のミライ集落(ソンミ村)の虐殺事件は世界を震撼させた。カリー中尉は「動くものはすべて殺せ」と命じて、4時間で500人以上の村民を虐殺した。この事件を告発したベトナム帰還兵のライデナワーは「あれは作戦であって(カリー中尉の)特異な逸脱行為ではなかった」と言う。71年、ベトナム帰還兵マクダフが「ミライ事件を上回る蛮行が繰り返されている」とニクソン大統領に手紙を書いたが無視された。

 だが、2001年、大学院生タースはベトナム帰還兵のPTSDについて調べていたとき、米軍が民間人を大量虐殺したことを記載したベトナム戦争犯罪作業部会の記録書類に出合った。

 民間人大量殺戮を描くドキュメント。(みすず書房 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る