「闘う君の唄を」中山七里著

公開日:  更新日:

 喜多嶋凛が就職した神室幼稚園は、見城真希が率いる保護者会が牛耳っていた。

 遠足の目的地もお遊戯会の演目も保護者会が決める。園長の京塚は見城の言いなりだが、それは15年前の事件のためだという。3人の女児が送迎バスの運転手に殺されるという事件があり、責任を問われた京塚は保護者会に頭が上がらなくなったのだ。

 だが、納得がいかない凛は独自のやり方で園児の教育に当たり、一目置かれるようになった。そのころ、刑事が幼稚園にやってきて15年前の事件について調査を始める。そして、凛の秘密も明らかに……。

 幼稚園教諭のヒロインが活躍するミステリー。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る