「モナドの領域」筒井康隆著

公開日: 更新日:

 肩口からスパッと切断されたような女の片腕が、河川敷で発見された。腕にはなぜかバラバラ事件の陰惨さが感じられず、静かで、美しくさえあった。この事件を発端に、奇妙なことが起こり始める。

 現場に近いベーカリーでは、発見された腕にそっくりのバゲットが売り出されて評判になり、行列ができた。店の常連である美大の教授の様子が突然おかしくなり、奇妙な力を発揮しだした。先生は神様なのか? 平凡な町に降臨した「ゴッド」は、造物主。人間がつくり出した神を超越した存在だ。庶民一人一人の個人的事情から、宇宙の真理まで、何もかも知っている。

 ゴッドはある意図をもって戦略的にメディアに登場し、有識者との哲学問答を繰り広げて、宇宙の真理を解き明かしていく。ゴッドは決して怒らず、親しみさえ感じさせる。しかし、人間の所業には決して介入しない。創造の時点で予定された宇宙の調和を厳然と守っている。ゴッドいわく。「おまえさんたちの絶滅は実に美しい」。ゴッドは人間を、戦争からも破滅からも、救ってはくれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る