「モナドの領域」筒井康隆著

公開日: 更新日:

 肩口からスパッと切断されたような女の片腕が、河川敷で発見された。腕にはなぜかバラバラ事件の陰惨さが感じられず、静かで、美しくさえあった。この事件を発端に、奇妙なことが起こり始める。

 現場に近いベーカリーでは、発見された腕にそっくりのバゲットが売り出されて評判になり、行列ができた。店の常連である美大の教授の様子が突然おかしくなり、奇妙な力を発揮しだした。先生は神様なのか? 平凡な町に降臨した「ゴッド」は、造物主。人間がつくり出した神を超越した存在だ。庶民一人一人の個人的事情から、宇宙の真理まで、何もかも知っている。

 ゴッドはある意図をもって戦略的にメディアに登場し、有識者との哲学問答を繰り広げて、宇宙の真理を解き明かしていく。ゴッドは決して怒らず、親しみさえ感じさせる。しかし、人間の所業には決して介入しない。創造の時点で予定された宇宙の調和を厳然と守っている。ゴッドいわく。「おまえさんたちの絶滅は実に美しい」。ゴッドは人間を、戦争からも破滅からも、救ってはくれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る

人気キーワード