「人魚の眠る家」東野圭吾著

公開日:  更新日:

 主人公・播磨薫子は、瑞穂と生人という2人の子を持つ母親。障害者支援機器の分野で注目を浴びるハリマテクスの社長・和昌と結婚したが、和昌の浮気をきっかけに別居し、瑞穂の小学校受験が終わったらすぐに離婚すると決めていた。

 そんなある日、瑞穂がプールで溺れて意識が戻らないという事故が起こる。瑞穂は、プールの排水口に突っ込んだ足が抜けなくなり、発見されたときには心臓も止まっていたのだ。蘇生によって心臓は動き出したものの、脳が機能している様子はなく、改善の見込みはないという。激しいショックを受けた薫子と和昌に対して医師は、脳死判定を受けるかどうかを静かに尋ねる。このまま脳死判定は受けずに自然にまかせて心臓が止まるのを待つか、脳死判定を受けて臓器提供を申し出るか。選択を迫られた薫子と和昌の決断は……。

「秘密」「祈りの幕が下りる時」など、ヒット作を連発する人気作家の最新作。医療技術を駆使して延命することが可能になったとき、大切な人の命の線引きを自分がしなければならなくなったとき、人はどんな決断ができるのかという問題提起が興味深い。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る