「わが心のジェニファー」浅田次郎著

公開日:  更新日:

 幼い頃に父母が離婚し、元軍人で日本嫌いの祖父に育てられた米国人青年ラリー。日本人がいかに油断のならない人種かを聞かされ育ってきたにもかかわらず、連れ添いたいと思いプロポーズした女性・ジェニファーは、大の日本好きだった。

 彼女は同じ価値観を共有したいということを理由に、結婚する条件としてラリーに日本への一人旅を提案する。しかも、PCも携帯電話も持たずに旅に出て、旅先から手紙を書いて送ってほしいというのだ。

 彼女の要望に当惑しつつも、ラリーは日本へ旅立つ。成田、東京、京都、大阪、九州、北海道と日本各地に足を踏み入れるうち、彼はすっかり未知の体験に魅了されていく。そして旅の最後に自分自身の大きな秘密に出合うことになるのだが……。

 本書は、米国人青年の目を通して語られる、日本の魅力発見小説。肌をくるむような湿気、醤油と味噌のにおい、数分の遅れでも謝罪する交通機関、快適さの追求に余念のない精密便器、傷のない車の群れ、美術品のような食事など、日本人にとって当たり前でも実は当たり前ではない日本をラリーの目を通して再体験できる。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る