「世界をこの目で」黒木亮著

公開日: 更新日:

 著者はロンドン在住28年の経済小説家。大手都市銀行に入行してエジプトのカイロへ留学、その後ロンドン支店に勤務。以降も証券会社、総合商社などの仕事に携わり世界各国を飛び回り、専業作家に転身した後も取材で各地を旅している。

 これまでに訪れた国は、ヨーロッパはほぼ全域、中東・北アフリカはリビアとレバノン以外すべて、その他サハラ以南のアフリカ、中央アジア、中国、インド、ベトナム、北・中米など全部で78カ国。

 本書は、著者がこれまで見てきた世界各地の様子、現在暮らしているロンドンのこと、自身の作品の舞台裏などについて書いたエッセーをまとめたもの。

 サハリン、クルド、キルギスなど、日本人がめったに訪れない土地の珍しい話題、旅のエキスパートたる著者による「一人旅の流儀」(宿の選び方、トラブル回避の方法、土産の選び方等々)など、世界中を旅する著者ならではの知見にあふれている。また元金融マンで経済小説家としての立場からの世界情勢の分析、作家心得といった実践的知識も開陳されており、著者の幅の広さがうかがえる。(毎日新聞出版 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード