「墓標なき街」 逢坂剛著

公開日: 更新日:

 テレビドラマ化され、劇場版も封切られた逢坂剛の小説「百舌」シリーズの最新作。千枚通しで延髄をひと突き、相手を即死させる危険な殺し屋「百舌」はまた蘇ったのか。かつて「百舌」と死闘を繰り広げた登場人物たちが新たな事件に挑む。

 東都ヘラルド新聞の編集委員・残間龍之輔は、昔の上司でオピニオン雑誌「ザ・マン」の編集長・田丸清明に、殺し屋「百舌」が関わった事件について原稿を書いてくれと頼まれる。かつて田丸自身が握りつぶした記事を、なぜ、今また書かせようとするのか。隠れた意図がありそうだ。

 一方で残間は、旧知の私立探偵、大杉良太にある人物の尾行を依頼する。相手は武器の不正輸出を電話で内部告発してきた男だった。

 それぞれが、一見何の関係もなさそうな調査を続けるうちに、「百舌」の影がちらつき始める。関係者が襲われ、ついに死者が出た。そばには百舌の羽根が一枚、残されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る

人気キーワード