日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「墓標なき街」 逢坂剛著

 テレビドラマ化され、劇場版も封切られた逢坂剛の小説「百舌」シリーズの最新作。千枚通しで延髄をひと突き、相手を即死させる危険な殺し屋「百舌」はまた蘇ったのか。かつて「百舌」と死闘を繰り広げた登場人物たちが新たな事件に挑む。

 東都ヘラルド新聞の編集委員・残間龍之輔は、昔の上司でオピニオン雑誌「ザ・マン」の編集長・田丸清明に、殺し屋「百舌」が関わった事件について原稿を書いてくれと頼まれる。かつて田丸自身が握りつぶした記事を、なぜ、今また書かせようとするのか。隠れた意図がありそうだ。

 一方で残間は、旧知の私立探偵、大杉良太にある人物の尾行を依頼する。相手は武器の不正輸出を電話で内部告発してきた男だった。

 それぞれが、一見何の関係もなさそうな調査を続けるうちに、「百舌」の影がちらつき始める。関係者が襲われ、ついに死者が出た。そばには百舌の羽根が一枚、残されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事