「そこが知りたかった!『右翼』と『左翼』の謎」 鈴木邦男監修グループSKIT編著

公開日: 更新日:

 今さら人に聞けない右翼と左翼について、Q&A形式で学べる時事入門書。

 そもそも何で右翼と左翼と呼ばれるのか。実は起源はフランスで、革命の最中に開かれた国民議会で、議長席から見て右側を占めたのが旧体制を維持しようとする保守派で、左側に陣取ったのが旧体制の打破を目指す急進派だったことに由来するそうだ。

 一言でいうと今の政権より保守的な人たちが右翼で、今の政権より革新的な人たちが左翼。そうした基本中の基本から、右翼の街宣車はなぜ黒いのか、パトリオティズムとナショナリズムの違いとは何か、「ネトウヨ」に対する「ネトサヨ」という言葉を耳にしないのはなぜかなど。

 さまざまな疑問に答える一方、それぞれに関係する人物や事件も詳述。(PHP研究所620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

もっと見る