• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふくろう」梶よう子著

 西丸書院番士として出仕が決まった鍋次郎は、3年前に結婚した妻・八千代の懐妊も分かり、人生の春を迎えていた。初登城を控えたある日、立ち寄った茶店で鍋次郎の顔を見た年老いた浪人が突然、土下座して許しを請い始める。鍋次郎は老武士の顔に心当たりがない。連れの嫁によると浪人は気鬱の病を患っているという。数日後、出先で再会した浪人は、鍋次郎の顔を見るなり怯え、橋の上から身を投げる。そんな中、納戸で父の日記を見つけた鍋次郎は、誕生年である文政5年の日記に自分の名前が出てこないことに不審を抱く。出生の秘密を探る鍋次郎は、自分の本当の父親が城中で刃傷事件を起こした松平外記だと知る。

 史実「千代田刃傷」をもとに描く時代小説。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る