• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふくろう」梶よう子著

 西丸書院番士として出仕が決まった鍋次郎は、3年前に結婚した妻・八千代の懐妊も分かり、人生の春を迎えていた。初登城を控えたある日、立ち寄った茶店で鍋次郎の顔を見た年老いた浪人が突然、土下座して許しを請い始める。鍋次郎は老武士の顔に心当たりがない。連れの嫁によると浪人は気鬱の病を患っているという。数日後、出先で再会した浪人は、鍋次郎の顔を見るなり怯え、橋の上から身を投げる。そんな中、納戸で父の日記を見つけた鍋次郎は、誕生年である文政5年の日記に自分の名前が出てこないことに不審を抱く。出生の秘密を探る鍋次郎は、自分の本当の父親が城中で刃傷事件を起こした松平外記だと知る。

 史実「千代田刃傷」をもとに描く時代小説。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る