「ふくろう」梶よう子著

公開日: 更新日:

 西丸書院番士として出仕が決まった鍋次郎は、3年前に結婚した妻・八千代の懐妊も分かり、人生の春を迎えていた。初登城を控えたある日、立ち寄った茶店で鍋次郎の顔を見た年老いた浪人が突然、土下座して許しを請い始める。鍋次郎は老武士の顔に心当たりがない。連れの嫁によると浪人は気鬱の病を患っているという。数日後、出先で再会した浪人は、鍋次郎の顔を見るなり怯え、橋の上から身を投げる。そんな中、納戸で父の日記を見つけた鍋次郎は、誕生年である文政5年の日記に自分の名前が出てこないことに不審を抱く。出生の秘密を探る鍋次郎は、自分の本当の父親が城中で刃傷事件を起こした松平外記だと知る。

 史実「千代田刃傷」をもとに描く時代小説。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード