• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「箱根富士屋ホテル物語」山口由美著

 創業者一族の末裔である著者が、最古のホテル・箱根富士屋ホテルの歴史をたどったノンフィクション。

 幼いときに養子に出された創業者の山口仙之助の養家は、横浜で居留地の外国人を相手に商売をする遊郭だった。その財力で仙之助は、明治4年に渡米。同ホテルに残る資料によると、岩倉使節団の一員として渡米したとある。しかし、調べると山口姓の別人と判明。しかし、同時期にアメリカに渡っていたのは確からしい。さらにアメリカから持ち帰った洋種の牛を売却した金でホテルの建設資金にしたという逸話が残っている。その真偽を探るなど、仙之助から、正造、堅吉へと受け継がれてきたホテルの発展の軌跡を鮮やかに描く。(小学館 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る