「箱根富士屋ホテル物語」山口由美著

公開日: 更新日:

 創業者一族の末裔である著者が、最古のホテル・箱根富士屋ホテルの歴史をたどったノンフィクション。

 幼いときに養子に出された創業者の山口仙之助の養家は、横浜で居留地の外国人を相手に商売をする遊郭だった。その財力で仙之助は、明治4年に渡米。同ホテルに残る資料によると、岩倉使節団の一員として渡米したとある。しかし、調べると山口姓の別人と判明。しかし、同時期にアメリカに渡っていたのは確からしい。さらにアメリカから持ち帰った洋種の牛を売却した金でホテルの建設資金にしたという逸話が残っている。その真偽を探るなど、仙之助から、正造、堅吉へと受け継がれてきたホテルの発展の軌跡を鮮やかに描く。(小学館 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード