• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫ノ眼時計」津原泰水著

 豆腐好きという共通項で結ばれる猿渡と怪奇小説家の「伯爵」は、名物の「豆腐竹輪」を求めて鳥取を訪ね、猿渡は宿泊したホテルでアイダベルと再会する。かつて猿渡は売れない歌手だったアイダベルのバックバンドの一員としてツアーに参加したことがあったのだ。ホテルは彼女の実家だった。伯爵のファンだというアイダベルはサインを求めるが、伯爵は急用を思い出し慌てて帰京。猿渡は伯爵を追って今にも東京に向かいそうなアイダベルが文楽の「清姫」に重なって見える。その夜、ホテルの庭のあずまやが突然燃え始め、猿渡はその場からアイダベルが立ち去るのを目撃する。(「日高川」)

 幻想怪奇譚とミステリー、ユーモアが融合した人気シリーズ完結編。

(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る