• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫ノ眼時計」津原泰水著

 豆腐好きという共通項で結ばれる猿渡と怪奇小説家の「伯爵」は、名物の「豆腐竹輪」を求めて鳥取を訪ね、猿渡は宿泊したホテルでアイダベルと再会する。かつて猿渡は売れない歌手だったアイダベルのバックバンドの一員としてツアーに参加したことがあったのだ。ホテルは彼女の実家だった。伯爵のファンだというアイダベルはサインを求めるが、伯爵は急用を思い出し慌てて帰京。猿渡は伯爵を追って今にも東京に向かいそうなアイダベルが文楽の「清姫」に重なって見える。その夜、ホテルの庭のあずまやが突然燃え始め、猿渡はその場からアイダベルが立ち去るのを目撃する。(「日高川」)

 幻想怪奇譚とミステリー、ユーモアが融合した人気シリーズ完結編。

(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る