「猫ノ眼時計」津原泰水著

公開日: 更新日:

 豆腐好きという共通項で結ばれる猿渡と怪奇小説家の「伯爵」は、名物の「豆腐竹輪」を求めて鳥取を訪ね、猿渡は宿泊したホテルでアイダベルと再会する。かつて猿渡は売れない歌手だったアイダベルのバックバンドの一員としてツアーに参加したことがあったのだ。ホテルは彼女の実家だった。伯爵のファンだというアイダベルはサインを求めるが、伯爵は急用を思い出し慌てて帰京。猿渡は伯爵を追って今にも東京に向かいそうなアイダベルが文楽の「清姫」に重なって見える。その夜、ホテルの庭のあずまやが突然燃え始め、猿渡はその場からアイダベルが立ち去るのを目撃する。(「日高川」)

 幻想怪奇譚とミステリー、ユーモアが融合した人気シリーズ完結編。

(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  8. 8

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る

人気キーワード