「虫樹音楽集」奥泉光著

公開日: 更新日:

 30年前、高校生だった「私」は、先輩が出演するライブで、共演のサックス奏者・渡辺猪一郎、通称「イモナベ」から声をかけられる。私が持っていたカフカの「変身」の文庫本を見て、この本の書名は本来「変態」と訳すべきなのだと教えてくれたのだ。

 数年後、私はイモナベが「孵化」と題したコンサートのステージで演奏中に全裸になったと耳にする。

 さらに数年後、私は彼が「幼虫」と題したソロライブシリーズを行っていることを知り、彼がステージで裸になった理由が分かった気がして、ライブに足を運ぶ。孵化して幼虫になったイモナベは、変態のときをまっているようだった。(「川辺のザムザ」)

 名作「カフカ」の世界観とジャズを融合させた連作短編集。(集英社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る