• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹著

 ラオス行きの直行便がないのでハノイ経由にしたら、ベトナムの人に「どうしてまたラオスなんかに行くんですか?」と聞かれた。答えようがない。ラオスにある何かを探すために行くのだ。ルアンプラバンという街で、メコン川をボートで遡ったら、自分という実体がすこしずつ希薄になっていくような不思議な感触があった。川は流れが激しく、かなり濁っていた。レストランでメコン川でとれた魚の料理を食べたが、市場で見た魚の姿はひどくグロテスクで、こんな魚を食べていたのか! と軽いショックに襲われた。(「大いなるメコン川のほとりで」)

 アイスランド、フィンランドなどを旅した印象をつづった紀行文。(文藝春秋 1650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る