「2時間で走る」エド・シーサ著 菅しおり訳

公開日: 更新日:

 2011年4月のボストン・マラソンで、ケニアのランナー、ムタイは2時間3分2秒でゴールした。彼は人間の体には42.195キロを2時間未満、つまり〈サブ2〉で走る能力があると信じている。〈サブ2〉に挑戦するために、科学者が長距離走で優位なケニア人の遺伝子を研究したが、遺伝的な根拠は発見されなかった。それよりも彼らの経済的な要因、つまり〈欲望〉に注目すべきだという者もいる。ケニアのランナーには今、ドーピング疑惑がもたれているが、彼らの〈ドーピングシステム〉はあまりに精緻さが欠けているのだ。マラソン競技をめぐるさまざまな問題に肉薄したノンフィクション。増田明美の解説付き。(河出書房新社 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

もっと見る