「メンチカツの丸かじり」東海林さだお著

公開日: 更新日:

 ワサビにも階級社会は存在すると著者は言う。チューブのワサビと本物のワサビ。チューブのときはほんのちょっと自嘲的な表情をする。「どーせ本物じゃないんだよね、これ」。小皿の醤油に溶かし、ちょっとかき混ぜ、刺し身の一片をよーく浸して食べるという投げやりな食べ方をする。これが本物のワサビなら、刺し身の一片にワサビをちょびっとのせ、醤油につけて食べるのが正しい。でも、それはなんだかコセコセしてみみっちい。だから、著者はワサビを醤油に混ぜ、堂々とかき回す。(「ワサビ、この階級社会」)

 おなじみ、食いもののエッセー「あれも食いたい これも食いたい」の第38弾!(朝日新聞出版 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る

人気キーワード