「九番目の雲」山岡ヒロアキ著

公開日: 更新日:

 営業マンの高梨吾郎は37歳。同期の大江は3週間も欠勤していて、未回収の売掛金があるという噂が流れている。離婚した妻が再婚するので、娘の養育費はもう要らないと言ってきたと笑っていたのだが。

 独り暮らしだった吾郎の母が町中の店がお釣りをごまかすと訴えるようになった。同居することを考えて、妻子を連れて実家に行くと、母が衣類が散乱した部屋の中で全裸でへたり込んでいた。母を入院させた夜、吾郎は自分の大江に対する気持ち、母への思いなどがすべて偽物だったような気がした。――俺は今、目に見えない何かに試されている。ごまかしばかりで生きてきた男が再生する物語。

(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る