読む人を物語世界に誘う長編小説特集

公開日:  更新日:

「世にも奇妙な君物語」朝井リョウ著

 ページをめくれば、そこは現実の世界から微妙にズレている不安定な世界だったりする。ほんとはすごい小心者なのに、活字を追っているうちにいつしか犯罪者の心理にどっぷりつかってしまうこともある。物語を満喫できる新刊長編小説をご紹介。

 フリーライターの浩子は、酔いつぶれた店から真須美という女に、彼女の家に連れて行かれて介抱された。どうやらそこはシェアハウスらしい。なぜか真須美は同居人に、道端に倒れていた浩子を助けたと説明する。そこに住む4人の男女はみな経済的にも精神的にも自立していて、シェアハウスに住む必要などなさそうに見えた。ちょうどシェアハウスの特集を企画していた浩子は、引っ越しする由可里の代わりに入居することに。だが、ニュースの画面に由可里が映ったことに気がつく。ここの住人は一体……。(「シェアハウさない」)

 他に、リア充裁判でコミュニケーション障害と指摘された姉をもつ女性など、奇妙な人びとを描く短編5編。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る