「螺旋宮」安東能明著

公開日: 更新日:

 高代と妻の年恵は、政府系財団とゼネコンが建設したマンションを破格の代金で購入。購入の条件として、夫婦は敷地の地下深くに設けられた施設で1カ月間過ごす。将来、地下に医療施設を造るための実験らしい。不妊に悩んでいた年恵が、以前の体験者がその後、子宝に恵まれたと聞き自ら進んで応募したのだ。

 1カ月後、地下から出てマンションで暮らし始めた年恵が懐妊。一方の高代は、地下室で見たビデオに映っていた島岡がマンションで飛び降り自殺したことを知る。ビデオでは地下生活を経験した島岡ら3夫婦が赤ん坊を抱いてその喜びを語っていた。しかし、高代は3家族の子ども全員がその後、突然死したことを知る。

 戦慄のノンストップ・サスペンス。(徳間書店 710円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る

人気キーワード