「螺旋宮」安東能明著

公開日: 更新日:

 高代と妻の年恵は、政府系財団とゼネコンが建設したマンションを破格の代金で購入。購入の条件として、夫婦は敷地の地下深くに設けられた施設で1カ月間過ごす。将来、地下に医療施設を造るための実験らしい。不妊に悩んでいた年恵が、以前の体験者がその後、子宝に恵まれたと聞き自ら進んで応募したのだ。

 1カ月後、地下から出てマンションで暮らし始めた年恵が懐妊。一方の高代は、地下室で見たビデオに映っていた島岡がマンションで飛び降り自殺したことを知る。ビデオでは地下生活を経験した島岡ら3夫婦が赤ん坊を抱いてその喜びを語っていた。しかし、高代は3家族の子ども全員がその後、突然死したことを知る。

 戦慄のノンストップ・サスペンス。(徳間書店 710円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る