• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スピンク合財帖」町田康著

 雄犬の視点で、作家一家の日常を描く平成版「吾輩は『犬』である」。

 5歳のスタンダードプードルのスピンクは、弟のキューティーとたくさんの猫、そして小説家の主人・ポチと彼の妻・美徴さんと山奥の家で暮らしている。そんな一家にミニチュアプードルのシードが加わることになった。数週間前、立ち寄った観光牧場で美徴さんがレンタルドッグの中にいたシードと出会い、ポチの反対を押し切り、引き取ったのだ。大型の希少犬種ばかりの仲間の中で縮こまっているシードが気の毒で見ていられなかったからだ。スピンクにとって、シードは感情が全くつかめず、何を考えているのか分からない犬だった。ある日、そのシードが事件を引き起こす。(講談社 850円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る