「スピンク合財帖」町田康著

公開日: 更新日:

 雄犬の視点で、作家一家の日常を描く平成版「吾輩は『犬』である」。

 5歳のスタンダードプードルのスピンクは、弟のキューティーとたくさんの猫、そして小説家の主人・ポチと彼の妻・美徴さんと山奥の家で暮らしている。そんな一家にミニチュアプードルのシードが加わることになった。数週間前、立ち寄った観光牧場で美徴さんがレンタルドッグの中にいたシードと出会い、ポチの反対を押し切り、引き取ったのだ。大型の希少犬種ばかりの仲間の中で縮こまっているシードが気の毒で見ていられなかったからだ。スピンクにとって、シードは感情が全くつかめず、何を考えているのか分からない犬だった。ある日、そのシードが事件を引き起こす。(講談社 850円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード