• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地に落ちた“理想の共同体”EUの現在 閉ざすヨーロッパ

「ヨーロッパから民主主義が消える」川口マーン惠美著

 急増する中東難民の大量流入に恐怖するEU。次々に国境を閉ざしている――。

 シリアをはじめ中東から続々と難民がヨーロッパに押し寄せている。密航業者の手引きで命からがらギリシャやイタリアやトルコにたどり着いた彼らがめざすのはEUで最高の好景気を誇るドイツ。しかし途上のボスニアやハンガリーの国境地帯は厳重な警戒のもと難民であふれ、当初は果断に難民受け入れを宣言したドイツでも極右団体はじめ猛烈な排外主義とメルケル首相批判が噴出し始めた。さらに難民の他の希望先として人気のスウェーデンやオランダでも排外主義がうねりを見せている。「EUはひとつ」を掲げてきたヨーロッパで一体なにが起こっているのか。

 本書はドイツ在住の著者が解き明かす“地に落ちた理想の共同体”の現在。域内の自由な通行などを実現した経済共同体だが、今日の事態は「域内」と「域外」を分けるヨーロッパ人の差別感覚も呼び起こした。指導力なき仏大統領オランドはテロで求心力を強める一方、鉄壁だったはずの独首相メルケルはあくまで受け入れを主張しつつも窮地に立たされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る