「ひとりの記憶」橋口譲二著

公開日:  更新日:

 妻を亡くした笠原晋氏は召集を受け、2人の娘を親戚に預けて陸軍兵士としてシンガポールに渡った。薬剤師だったため病理研究所に配属され、薬草園で薬草を栽培したりしていた。

 終戦後、朝鮮人慰安婦を朝鮮に移送する付き添い送り人に指名されたが、船に乗ったら殺されると思い、逃亡する。

 原爆投下などのニュースを耳にしたことから、日本に帰国しても仕方がないと考え、どうせ死ぬならインドネシアの独立戦争で死のうと、人民軍に参加して戦った。

 他に、戦後、従軍看護婦として中国の八路軍に参加、そのまま中国に残った女性など、日本に帰らない選択をした10人の生き方を描いたノンフィクション。(文藝春秋 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る