「ひとりの記憶」橋口譲二著

公開日: 更新日:

 妻を亡くした笠原晋氏は召集を受け、2人の娘を親戚に預けて陸軍兵士としてシンガポールに渡った。薬剤師だったため病理研究所に配属され、薬草園で薬草を栽培したりしていた。

 終戦後、朝鮮人慰安婦を朝鮮に移送する付き添い送り人に指名されたが、船に乗ったら殺されると思い、逃亡する。

 原爆投下などのニュースを耳にしたことから、日本に帰国しても仕方がないと考え、どうせ死ぬならインドネシアの独立戦争で死のうと、人民軍に参加して戦った。

 他に、戦後、従軍看護婦として中国の八路軍に参加、そのまま中国に残った女性など、日本に帰らない選択をした10人の生き方を描いたノンフィクション。(文藝春秋 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード