「社長解任」有森隆著

公開日:  更新日:

 1982年、トヨタ自工とトヨタ自販は合併してトヨタ自動車となり、トヨタ自販社長の豊田章一郎が社長に就任した。実はこれは創業家への〈大政奉還〉の布石だった。

 トヨタ自工の創業者・喜一郎の義兄である豊田利三郎がトヨタ自工の初代社長となって以来、創業家はトヨタ自工から締め出されてきたが、ようやく奪還できた。だが章一郎の後任の弟、達郎が病気で辞任、豊田家出身でない奥田碩が社長となり、〈世界のTOYOTA〉に押し上げた。このままでは長男の章男に社長を継がせることができない。(〈1章 トヨタ〉)

 他に東芝、フジサンケイグループなど10の企業の権力抗争の内幕を描く。(さくら舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る