「社長解任」有森隆著

公開日: 更新日:

 1982年、トヨタ自工とトヨタ自販は合併してトヨタ自動車となり、トヨタ自販社長の豊田章一郎が社長に就任した。実はこれは創業家への〈大政奉還〉の布石だった。

 トヨタ自工の創業者・喜一郎の義兄である豊田利三郎がトヨタ自工の初代社長となって以来、創業家はトヨタ自工から締め出されてきたが、ようやく奪還できた。だが章一郎の後任の弟、達郎が病気で辞任、豊田家出身でない奥田碩が社長となり、〈世界のTOYOTA〉に押し上げた。このままでは長男の章男に社長を継がせることができない。(〈1章 トヨタ〉)

 他に東芝、フジサンケイグループなど10の企業の権力抗争の内幕を描く。(さくら舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  8. 8

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

もっと見る

人気キーワード