「塩分が日本人を滅ぼす」本多京子著

公開日: 更新日:

 健康志向が進んで、砂糖や脂をカットした食生活を心がけている人が増えている。しかし、いまだに日本人が取り過ぎているのが「塩」だ。

 WHOが推奨する1日の塩分摂取量は5グラム未満。ところが、厚労省では男性は8グラム未満、女性は7グラム未満に抑えることを提唱し、WHOより多めに設定している。そして、実際に摂取している塩分量は、2013年の厚労省調べで、男性が11・1グラム、女性が9・4グラムと、世界から見れば“塩漬け”状態だ。

 塩分の取り過ぎは、血管を硬くして脳出血などの恐ろしい疾患を招くことは知られているが、他にもカルシウムの排出を促進する作用があり、骨粗しょう症や骨折から寝たきりにつながる恐れもある。元気に年を取りたいなら、減塩が急務だ。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る