• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「塩分が日本人を滅ぼす」本多京子著

 健康志向が進んで、砂糖や脂をカットした食生活を心がけている人が増えている。しかし、いまだに日本人が取り過ぎているのが「塩」だ。

 WHOが推奨する1日の塩分摂取量は5グラム未満。ところが、厚労省では男性は8グラム未満、女性は7グラム未満に抑えることを提唱し、WHOより多めに設定している。そして、実際に摂取している塩分量は、2013年の厚労省調べで、男性が11・1グラム、女性が9・4グラムと、世界から見れば“塩漬け”状態だ。

 塩分の取り過ぎは、血管を硬くして脳出血などの恐ろしい疾患を招くことは知られているが、他にもカルシウムの排出を促進する作用があり、骨粗しょう症や骨折から寝たきりにつながる恐れもある。元気に年を取りたいなら、減塩が急務だ。(幻冬舎 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る