「1985」鷲田康著

公開日: 更新日:

 1981年、フロリダにいた阪神の二軍監督・安藤統男は小津社長に電話で呼び戻され、5年契約で一軍の監督を任された。

 成果が出始めた3年目に、事件が起きる。本塁打王のタイトルをめぐってファン無視の〈四球合戦〉が行われた。安藤が提案した「勝負」を中日・山内監督が拒否していたのだ。安藤はこのシーズン限りで辞任。後任の吉田義男の指揮下で阪神は好スタートを切った。ところが、85年8月、御巣鷹に墜落した日航機に中埜社長が乗っていたことが分かり、動揺して巨人に3連敗。その夜、川藤は岡田にこう言った。

「明日、みんな集めろや」

 阪神が初の日本一に輝いた年を描くノンフィクション。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る