「1985」鷲田康著

公開日: 更新日:

 1981年、フロリダにいた阪神の二軍監督・安藤統男は小津社長に電話で呼び戻され、5年契約で一軍の監督を任された。

 成果が出始めた3年目に、事件が起きる。本塁打王のタイトルをめぐってファン無視の〈四球合戦〉が行われた。安藤が提案した「勝負」を中日・山内監督が拒否していたのだ。安藤はこのシーズン限りで辞任。後任の吉田義男の指揮下で阪神は好スタートを切った。ところが、85年8月、御巣鷹に墜落した日航機に中埜社長が乗っていたことが分かり、動揺して巨人に3連敗。その夜、川藤は岡田にこう言った。

「明日、みんな集めろや」

 阪神が初の日本一に輝いた年を描くノンフィクション。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る