「ブルーアウト」鈴木光司著

公開日:  更新日:

 亡父が残した和歌山県串本町のダイビングショップで働く女性ダイバーの水輝は、ある日、トルコ人のギュスカンのガイドを務める。彼は、125年前に串本沖で沈没したトルコの軍艦エルトゥールル号遭難事故の生き残りの末裔だった。当時、沖合の大島に暮らしていた水輝の5代前の祖先は、トルコ人船員の救助に加わっており、2人の祖先が出会っている可能性は十分にあった。

 生存者の子孫として式典に参加するため来日したというギュスカンは、遭難海域の「船甲羅」でのダイビングを希望。バディとして同行した水輝が目を離した瞬間、海中でギュスカンの姿が消えてしまう。

 125年前の海難事故に着想を得て描かれた長編海洋小説。(小学館 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る