「代表的アメリカ人」ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ著、富山英俊訳

公開日: 更新日:

 20世紀前半に活躍したアメリカの詩人による異色歴史エッセー。

 コロンブス以前に新大陸に到達したバイキングに始まり、コロンブスはもちろん、アステカを征服したコルテスやスペイン系征服者、そしてエリザベス女王の廷臣ウォルター・ローリーやメイフラワー号のピューリタン、魔女狩りを擁護したコットン・マザー、さらにワシントンやフランクリン、エドガー・アラン・ポー、リンカーンまで。歴史をつくった人物たちの残した日記や書簡、歴史文書などの引用と、架空の対話による議論などの虚構を交えながら、新世界の神話と共に生き、それらを体現した人々と、それらを否認し抑圧した人々との対比を描き、詩人ならではの想像力でアメリカ史を再構築する。(みすず書房 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る