「代表的アメリカ人」ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ著、富山英俊訳

公開日:  更新日:

 20世紀前半に活躍したアメリカの詩人による異色歴史エッセー。

 コロンブス以前に新大陸に到達したバイキングに始まり、コロンブスはもちろん、アステカを征服したコルテスやスペイン系征服者、そしてエリザベス女王の廷臣ウォルター・ローリーやメイフラワー号のピューリタン、魔女狩りを擁護したコットン・マザー、さらにワシントンやフランクリン、エドガー・アラン・ポー、リンカーンまで。歴史をつくった人物たちの残した日記や書簡、歴史文書などの引用と、架空の対話による議論などの虚構を交えながら、新世界の神話と共に生き、それらを体現した人々と、それらを否認し抑圧した人々との対比を描き、詩人ならではの想像力でアメリカ史を再構築する。(みすず書房 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る