「代表的アメリカ人」ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ著、富山英俊訳

公開日: 更新日:

 20世紀前半に活躍したアメリカの詩人による異色歴史エッセー。

 コロンブス以前に新大陸に到達したバイキングに始まり、コロンブスはもちろん、アステカを征服したコルテスやスペイン系征服者、そしてエリザベス女王の廷臣ウォルター・ローリーやメイフラワー号のピューリタン、魔女狩りを擁護したコットン・マザー、さらにワシントンやフランクリン、エドガー・アラン・ポー、リンカーンまで。歴史をつくった人物たちの残した日記や書簡、歴史文書などの引用と、架空の対話による議論などの虚構を交えながら、新世界の神話と共に生き、それらを体現した人々と、それらを否認し抑圧した人々との対比を描き、詩人ならではの想像力でアメリカ史を再構築する。(みすず書房 3800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る