「革命のジョン・レノン」ジェイムズ・A・ミッチェル著、石崎一樹訳

公開日: 更新日:

アメリカと対峙したロックスター

 1970年にビートルズが解散した後、ジョン・レノンとオノ・ヨーコはニューヨークのグリニッジ・ビレッジで暮らし始めた。カウンターカルチャー全盛のニューヨークは、このロックスターを放ってはおかなかった。反体制活動家、ミュージシャン、アーティストたちとの交流が生まれ、政治運動に参加するようになった。

 大麻所持で重過ぎる実刑判決を受け、服役中だった反戦活動家ジョン・シンクレアはジョン・レノンが参加した救済コンサートの後、釈放された。元ビートルズのビッグネームには、刑務所の扉をこじ開ける力があった。反戦、公民権運動、人種差別撤廃、ウーマンリブ……。

 体制変革のために闘う活動家たちは、ジョンとヨーコを「革命の中心」に連れていこうとした。しかし、ジョンは純粋にアーティストでありたかったのだ。商業主義と決別し、新しいミュージシャン仲間と自由に自分の音楽をつくろうとしていた。それは結果的に革命を促すメッセージにもなった。

 そんなジョンを、FBIが厳しく監視し始める。ニクソン政権は、ジョンを国家の治安を脅かす扇動者と見なした。多くの支援を得て、ようやくアメリカ永住権を獲得したのは1976年。ニューヨークでの最初の5年間は、国家権力との闘いの日々でもあったのだ。

 その間に交流のあった反体制活動家やバンドのメンバーへのインタビューをもとに、この評伝が生まれた。ビートルズのジョンとは別の顔がここにある。いまや神話となったロックスターは決して聖人ではなかった。しかし、その生き方は一貫していた。憎しみより愛、暴力より非暴力、戦争より平和。だからジョンの音楽は今も人の心を動かす。(共和国 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る