日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「革命のジョン・レノン」ジェイムズ・A・ミッチェル著、石崎一樹訳

アメリカと対峙したロックスター

 1970年にビートルズが解散した後、ジョン・レノンとオノ・ヨーコはニューヨークのグリニッジ・ビレッジで暮らし始めた。カウンターカルチャー全盛のニューヨークは、このロックスターを放ってはおかなかった。反体制活動家、ミュージシャン、アーティストたちとの交流が生まれ、政治運動に参加するようになった。

 大麻所持で重過ぎる実刑判決を受け、服役中だった反戦活動家ジョン・シンクレアはジョン・レノンが参加した救済コンサートの後、釈放された。元ビートルズのビッグネームには、刑務所の扉をこじ開ける力があった。反戦、公民権運動、人種差別撤廃、ウーマンリブ……。

 体制変革のために闘う活動家たちは、ジョンとヨーコを「革命の中心」に連れていこうとした。しかし、ジョンは純粋にアーティストでありたかったのだ。商業主義と決別し、新しいミュージシャン仲間と自由に自分の音楽をつくろうとしていた。それは結果的に革命を促すメッセージにもなった。

 そんなジョンを、FBIが厳しく監視し始める。ニクソン政権は、ジョンを国家の治安を脅かす扇動者と見なした。多くの支援を得て、ようやくアメリカ永住権を獲得したのは1976年。ニューヨークでの最初の5年間は、国家権力との闘いの日々でもあったのだ。

 その間に交流のあった反体制活動家やバンドのメンバーへのインタビューをもとに、この評伝が生まれた。ビートルズのジョンとは別の顔がここにある。いまや神話となったロックスターは決して聖人ではなかった。しかし、その生き方は一貫していた。憎しみより愛、暴力より非暴力、戦争より平和。だからジョンの音楽は今も人の心を動かす。(共和国 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事