「ボス・イズ・バック」笹本稜平著

公開日:  更新日:

 おれは私立探偵。地元の名士の下ネタ探しなど、S市最大の暴力団・山藤組の下請けのような仕事で食っている。

 ところが、組長の山虎が突然、引退して堅気になると言いだした。組を解散して仏門に入るから、愛犬のベルちゃんを預かってほしいという。1カ月分の養育費が30万円だから悪くない。ところがその後、S市が宗教法人と共同で霊園をつくるという話が耳に入った。登記所で調べたら、2カ月前に山虎がつぶれかけた寺の宗教法人格を購入している。山虎は、市長と結託して堅気の商売をシノギにする気では?(「表題作」)

 食えない探偵が主人公のハードボイルド短編6編。(光文社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る