「ボス・イズ・バック」笹本稜平著

公開日: 更新日:

 おれは私立探偵。地元の名士の下ネタ探しなど、S市最大の暴力団・山藤組の下請けのような仕事で食っている。

 ところが、組長の山虎が突然、引退して堅気になると言いだした。組を解散して仏門に入るから、愛犬のベルちゃんを預かってほしいという。1カ月分の養育費が30万円だから悪くない。ところがその後、S市が宗教法人と共同で霊園をつくるという話が耳に入った。登記所で調べたら、2カ月前に山虎がつぶれかけた寺の宗教法人格を購入している。山虎は、市長と結託して堅気の商売をシノギにする気では?(「表題作」)

 食えない探偵が主人公のハードボイルド短編6編。(光文社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  8. 8

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る