「牛を飼う球団」喜瀬雅則著

公開日: 更新日:

 2007年9月、経営危機に陥っていたプロ野球独立リーグ「高知ファイティングドッグス」のオーナー就任を依頼された若き実業家・北古味鈴太郎は、あまり乗り気ではなかった。だが、たまたま入った寿司屋で、球団の選手が松山で募金活動をしているニュースを目にし、他県の県民に頭を下げるのは悔しいという思いが彼を決断させた。

 越知町、佐川町と「ホームタウン協定」を結び、過疎対策事業債を活用してグラウンドを改装。若い選手が移住してきたことで過疎の町は活気づき、グラウンドの隣に農地を造り、やがて牛まで飼うことに。

 赤字の地方球団が地域を再生させる過程を描くノンフィクション。(小学館 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  8. 8

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る

人気キーワード