「STプロフェッション」今野敏著

公開日: 更新日:

 百合根がリーダーを務めるSTは、世田谷署管内で発生した不可解な連続誘拐事件の捜査に乗り出す。誘拐された3人はすぐに解放されたが、拘束中に犯人から呪いをかけられたと話し、事件から2週間後、3人のうち2人が激しい頭痛を訴え入院していた。3人は同じ大学の研究室に所属する教員や研究者で、百合根らは唯一発症していない愛衣に面会。黒崎や翠は、声や汗のにおいの変化で、彼女が何かを隠していることに気づく。しかし、愛衣も数時間後に発症。第一の被害者の遺体を解剖した赤城は、寄生虫「広東住血線虫」が頭痛の原因だと突き止める。

 各人が特殊能力を持つ「ST」の活躍を描く「ST警視庁科学特捜班」シリーズ最新刊。(講談社 800円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る