「STプロフェッション」今野敏著

公開日:  更新日:

 百合根がリーダーを務めるSTは、世田谷署管内で発生した不可解な連続誘拐事件の捜査に乗り出す。誘拐された3人はすぐに解放されたが、拘束中に犯人から呪いをかけられたと話し、事件から2週間後、3人のうち2人が激しい頭痛を訴え入院していた。3人は同じ大学の研究室に所属する教員や研究者で、百合根らは唯一発症していない愛衣に面会。黒崎や翠は、声や汗のにおいの変化で、彼女が何かを隠していることに気づく。しかし、愛衣も数時間後に発症。第一の被害者の遺体を解剖した赤城は、寄生虫「広東住血線虫」が頭痛の原因だと突き止める。

 各人が特殊能力を持つ「ST」の活躍を描く「ST警視庁科学特捜班」シリーズ最新刊。(講談社 800円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る