「一回半ひねりの働き方」平川克美著

公開日: 更新日:

 何のために働いているのか、給与とは誰が何に対して払っているのか、など会社や働くことの本質について深く思索をめぐらす名著の復刻。

 勝ち負けや、戦術・戦略などビジネスが戦争のアナロジーで語られるのはなぜか。ビジネスが社会の限られたリソースの奪い合いと認識され、会社をその収益獲得機関として考えるビジネス観が支配的だからだと指摘。自らの企業経営の体験から、ビジネスとは商品を媒介とした人間と人間のコミュニケーションであると語る著者。社員がその力を発揮するためには自分の仕事への敬意と会社に対する信頼が必須の条件であり、その敬意と信頼の源泉は「会社の哲学」だという。新たな思考法で、人間が働く本当の理由を見つめ直す。(KADOKAWA 860円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る