• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一回半ひねりの働き方」平川克美著

 何のために働いているのか、給与とは誰が何に対して払っているのか、など会社や働くことの本質について深く思索をめぐらす名著の復刻。

 勝ち負けや、戦術・戦略などビジネスが戦争のアナロジーで語られるのはなぜか。ビジネスが社会の限られたリソースの奪い合いと認識され、会社をその収益獲得機関として考えるビジネス観が支配的だからだと指摘。自らの企業経営の体験から、ビジネスとは商品を媒介とした人間と人間のコミュニケーションであると語る著者。社員がその力を発揮するためには自分の仕事への敬意と会社に対する信頼が必須の条件であり、その敬意と信頼の源泉は「会社の哲学」だという。新たな思考法で、人間が働く本当の理由を見つめ直す。(KADOKAWA 860円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る