• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一回半ひねりの働き方」平川克美著

 何のために働いているのか、給与とは誰が何に対して払っているのか、など会社や働くことの本質について深く思索をめぐらす名著の復刻。

 勝ち負けや、戦術・戦略などビジネスが戦争のアナロジーで語られるのはなぜか。ビジネスが社会の限られたリソースの奪い合いと認識され、会社をその収益獲得機関として考えるビジネス観が支配的だからだと指摘。自らの企業経営の体験から、ビジネスとは商品を媒介とした人間と人間のコミュニケーションであると語る著者。社員がその力を発揮するためには自分の仕事への敬意と会社に対する信頼が必須の条件であり、その敬意と信頼の源泉は「会社の哲学」だという。新たな思考法で、人間が働く本当の理由を見つめ直す。(KADOKAWA 860円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る