「プラハの墓地」ウンベルト・エーコ著、橋本勝雄訳

公開日: 更新日:

 舞台は、19世紀末のヨーロッパ。主人公のシモーネ・シモニーニは、イタリア人の父とフランス人の母を持ち、祖父に育てられた希代の美食家。祖父譲りの激しいユダヤ人嫌いで、文書偽造の技術の腕を買われて、史上最悪の偽書といわれる「シオン賢者の議定書」を生み出した。

 ロシアのポグロムやナチスによるユダヤ人抹殺計画を招いた偽書は、どのようにして生まれたのか。イタリア統一運動期のトリノからガリバルディのシチリア遠征、普仏戦争、さらにドレフェス事件に至るまで、反ユダヤ主義が席巻したヨーロッパの歴史を主人公の回想録を基に描く。

 物語は、プラハのユダヤ人墓地での謀議という偽書を核に、フリーメイソンの秘密結社や各国情報部、イエズス会などに加えて、主人公の二重人格や記憶喪失、オカルト的な儀式なども盛り込まれており、読者はあちこちに仕掛けられたストーリーの仕掛けをほどきながら、シモニーニの視点から歴史改変の現場に立ち合うことになる。

 先月死去した著者が残した本書は、今の時代に吹き荒れるレイシズムや差別主義の発現と不思議なほど符合している。(東京創元社 3500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード