「プラハの墓地」ウンベルト・エーコ著、橋本勝雄訳

公開日: 更新日:

 舞台は、19世紀末のヨーロッパ。主人公のシモーネ・シモニーニは、イタリア人の父とフランス人の母を持ち、祖父に育てられた希代の美食家。祖父譲りの激しいユダヤ人嫌いで、文書偽造の技術の腕を買われて、史上最悪の偽書といわれる「シオン賢者の議定書」を生み出した。

 ロシアのポグロムやナチスによるユダヤ人抹殺計画を招いた偽書は、どのようにして生まれたのか。イタリア統一運動期のトリノからガリバルディのシチリア遠征、普仏戦争、さらにドレフェス事件に至るまで、反ユダヤ主義が席巻したヨーロッパの歴史を主人公の回想録を基に描く。

 物語は、プラハのユダヤ人墓地での謀議という偽書を核に、フリーメイソンの秘密結社や各国情報部、イエズス会などに加えて、主人公の二重人格や記憶喪失、オカルト的な儀式なども盛り込まれており、読者はあちこちに仕掛けられたストーリーの仕掛けをほどきながら、シモニーニの視点から歴史改変の現場に立ち合うことになる。

 先月死去した著者が残した本書は、今の時代に吹き荒れるレイシズムや差別主義の発現と不思議なほど符合している。(東京創元社 3500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る