• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「プラハの墓地」ウンベルト・エーコ著、橋本勝雄訳

 舞台は、19世紀末のヨーロッパ。主人公のシモーネ・シモニーニは、イタリア人の父とフランス人の母を持ち、祖父に育てられた希代の美食家。祖父譲りの激しいユダヤ人嫌いで、文書偽造の技術の腕を買われて、史上最悪の偽書といわれる「シオン賢者の議定書」を生み出した。

 ロシアのポグロムやナチスによるユダヤ人抹殺計画を招いた偽書は、どのようにして生まれたのか。イタリア統一運動期のトリノからガリバルディのシチリア遠征、普仏戦争、さらにドレフェス事件に至るまで、反ユダヤ主義が席巻したヨーロッパの歴史を主人公の回想録を基に描く。

 物語は、プラハのユダヤ人墓地での謀議という偽書を核に、フリーメイソンの秘密結社や各国情報部、イエズス会などに加えて、主人公の二重人格や記憶喪失、オカルト的な儀式なども盛り込まれており、読者はあちこちに仕掛けられたストーリーの仕掛けをほどきながら、シモニーニの視点から歴史改変の現場に立ち合うことになる。

 先月死去した著者が残した本書は、今の時代に吹き荒れるレイシズムや差別主義の発現と不思議なほど符合している。(東京創元社 3500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る