「幸せになる勇気」岸見一郎 古賀史健著

公開日: 更新日:

 アドラーの個人心理学の精髄を、悩める青年とそれに応える哲人との対話という形式で紹介し、100万部を超えるベストセラーとなった「嫌われる勇気」の続編。

 哲人からアドラーの教えを受けたあの日を境に人生が一変した青年は、それまで勤めていた大学図書館を辞め、母校の中学校で教師の職を得た。アドラーの思想に基づく教育を実践し、ひとりでも多くの子どもたちに光を届けようと理想に燃えた青年は、アドラーの掲げる「ほめてはいけない、叱ってはいけない」という教育方針で臨む。

 しかしその結果、教室は荒れ果ててしまった。アドラーの思想は結局ペテンに過ぎないと思った青年は、アドラーと決別すべく3年ぶりに哲人の書斎を訪れたのだ。しかし哲人は、青年のアドラー理解は中途半端だと諭し、教育こそアドラー思想の中核で、競争ではなく協力こそ生徒の真の自立を促すのだと諄々と説いていく。

 前著のおさらいをしつつ、「共同体感覚」「愛」というアドラー思想の要をより具体的に説くことで、本当の幸福へ至るための道筋を示す。(ダイヤモンド社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る