「幸せになる勇気」岸見一郎 古賀史健著

公開日:  更新日:

 アドラーの個人心理学の精髄を、悩める青年とそれに応える哲人との対話という形式で紹介し、100万部を超えるベストセラーとなった「嫌われる勇気」の続編。

 哲人からアドラーの教えを受けたあの日を境に人生が一変した青年は、それまで勤めていた大学図書館を辞め、母校の中学校で教師の職を得た。アドラーの思想に基づく教育を実践し、ひとりでも多くの子どもたちに光を届けようと理想に燃えた青年は、アドラーの掲げる「ほめてはいけない、叱ってはいけない」という教育方針で臨む。

 しかしその結果、教室は荒れ果ててしまった。アドラーの思想は結局ペテンに過ぎないと思った青年は、アドラーと決別すべく3年ぶりに哲人の書斎を訪れたのだ。しかし哲人は、青年のアドラー理解は中途半端だと諭し、教育こそアドラー思想の中核で、競争ではなく協力こそ生徒の真の自立を促すのだと諄々と説いていく。

 前著のおさらいをしつつ、「共同体感覚」「愛」というアドラー思想の要をより具体的に説くことで、本当の幸福へ至るための道筋を示す。(ダイヤモンド社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る