「幸せになる勇気」岸見一郎 古賀史健著

公開日: 更新日:

 アドラーの個人心理学の精髄を、悩める青年とそれに応える哲人との対話という形式で紹介し、100万部を超えるベストセラーとなった「嫌われる勇気」の続編。

 哲人からアドラーの教えを受けたあの日を境に人生が一変した青年は、それまで勤めていた大学図書館を辞め、母校の中学校で教師の職を得た。アドラーの思想に基づく教育を実践し、ひとりでも多くの子どもたちに光を届けようと理想に燃えた青年は、アドラーの掲げる「ほめてはいけない、叱ってはいけない」という教育方針で臨む。

 しかしその結果、教室は荒れ果ててしまった。アドラーの思想は結局ペテンに過ぎないと思った青年は、アドラーと決別すべく3年ぶりに哲人の書斎を訪れたのだ。しかし哲人は、青年のアドラー理解は中途半端だと諭し、教育こそアドラー思想の中核で、競争ではなく協力こそ生徒の真の自立を促すのだと諄々と説いていく。

 前著のおさらいをしつつ、「共同体感覚」「愛」というアドラー思想の要をより具体的に説くことで、本当の幸福へ至るための道筋を示す。(ダイヤモンド社 1500円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る