「幹事のアッコちゃん」柚木麻子著

公開日: 更新日:

忘年会プロデュースで仕事の面白さに開眼

 営業第2課の新人、久瀬涼平は憂鬱でたまらない。課の名物行事である忘年会幹事は新人の仕事。でも、店も余興も決まらない。ああ面倒くさい。第一、会社の人間となんか、飲みたくもない。

 こだわりが強く、自意識過剰、生意気で妙に冷めている。そんな今どきの若者・涼平の前に、おかっぱ頭の大女が現れた。チェーン展開で成功した飲食業「東京ポトフ&スムージー」の社長・黒川敦子、人呼んでアッコちゃん。翌日から、アッコちゃんが幹事を務める忘年会に参加させてもらいながら、涼平は忘年会プロデュースの極意を学び、成長していく。

「読むと元気が出る」と働く女性たちに人気の小説シリーズ第3弾。表題作のほか、3作が収められている。成功者アッコちゃんをねたむ中年女性記者と関わることになる「アンチ・アッコちゃん」。仕事に追われる元部下に、時間の使い方を伝授する「ケイコのアッコちゃん」。そして、会社のM&A話に将来が揺れる「祭りとアッコちゃん」。

 ド迫力があってカッコいいサクセスウーマンの顔と、自分に正直でカッコつけない素顔。アッコちゃんは人を引き寄せ、人を勇気づける。幾多の自己啓発本より、はるかに心に効く一冊。(双葉社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード