• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幹事のアッコちゃん」柚木麻子著

忘年会プロデュースで仕事の面白さに開眼

 営業第2課の新人、久瀬涼平は憂鬱でたまらない。課の名物行事である忘年会幹事は新人の仕事。でも、店も余興も決まらない。ああ面倒くさい。第一、会社の人間となんか、飲みたくもない。

 こだわりが強く、自意識過剰、生意気で妙に冷めている。そんな今どきの若者・涼平の前に、おかっぱ頭の大女が現れた。チェーン展開で成功した飲食業「東京ポトフ&スムージー」の社長・黒川敦子、人呼んでアッコちゃん。翌日から、アッコちゃんが幹事を務める忘年会に参加させてもらいながら、涼平は忘年会プロデュースの極意を学び、成長していく。

「読むと元気が出る」と働く女性たちに人気の小説シリーズ第3弾。表題作のほか、3作が収められている。成功者アッコちゃんをねたむ中年女性記者と関わることになる「アンチ・アッコちゃん」。仕事に追われる元部下に、時間の使い方を伝授する「ケイコのアッコちゃん」。そして、会社のM&A話に将来が揺れる「祭りとアッコちゃん」。

 ド迫力があってカッコいいサクセスウーマンの顔と、自分に正直でカッコつけない素顔。アッコちゃんは人を引き寄せ、人を勇気づける。幾多の自己啓発本より、はるかに心に効く一冊。(双葉社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る