「幹事のアッコちゃん」柚木麻子著

公開日:  更新日:

忘年会プロデュースで仕事の面白さに開眼

 営業第2課の新人、久瀬涼平は憂鬱でたまらない。課の名物行事である忘年会幹事は新人の仕事。でも、店も余興も決まらない。ああ面倒くさい。第一、会社の人間となんか、飲みたくもない。

 こだわりが強く、自意識過剰、生意気で妙に冷めている。そんな今どきの若者・涼平の前に、おかっぱ頭の大女が現れた。チェーン展開で成功した飲食業「東京ポトフ&スムージー」の社長・黒川敦子、人呼んでアッコちゃん。翌日から、アッコちゃんが幹事を務める忘年会に参加させてもらいながら、涼平は忘年会プロデュースの極意を学び、成長していく。

「読むと元気が出る」と働く女性たちに人気の小説シリーズ第3弾。表題作のほか、3作が収められている。成功者アッコちゃんをねたむ中年女性記者と関わることになる「アンチ・アッコちゃん」。仕事に追われる元部下に、時間の使い方を伝授する「ケイコのアッコちゃん」。そして、会社のM&A話に将来が揺れる「祭りとアッコちゃん」。

 ド迫力があってカッコいいサクセスウーマンの顔と、自分に正直でカッコつけない素顔。アッコちゃんは人を引き寄せ、人を勇気づける。幾多の自己啓発本より、はるかに心に効く一冊。(双葉社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る