坂崎重盛
著者のコラム一覧
坂崎重盛編集者、エッセイスト

1942年、東京都生まれ。編集者、エッセイスト。千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。著書に、「東京煮込み横丁評判記」「『絵のある』岩波文庫への招待」「粋人粋筆探訪」など多数。BSジャパンの「酒とつまみと男と女」に出演し、不良隠居として人気に。

「絶対また行く料理店101」横川潤著

公開日: 更新日:

 著者の食に対する気迫と気合がひしひしと感じられる料理店紹介本だ。

 飲食のガイドブックといえばおいしそうに写された料理や酒に、店長や人気シェフの写真と、聞きかじっただけのコメントを添えて一丁あがり! といった類い――が横行するが、文章だけで料理店のことを紹介しようとすると、時間もお金もその何倍、何十倍もかかる。

 1回か2回行っただけで店の印象や料理のことなどを書いてしまえる、いわゆる素人さんのブログ感想文と、出版に値する文章の表現と中身は、こんなに違うのか! と再認識させられる。

 著者は文教大学観光学科准教授。ニューヨーク大学大学院でMBA取得という肩書で食と食産業関連の著作を持つ。

 本書の初出連載時「kotoba」(集英社)のタイトルは、「この店はなぜ繁盛しているか」だったというが、本文を読むかぎり「絶対また」「行きたい」と「行かなきゃならない」という、気持ちが前面に出たタイトルによって、より内容にふさわしくなった。

 各料理店については、実際に手に取って読んでもらうしかないが、(うーむ、こんな素晴らしい店があのエリアに!)とか、(おう、この店には行ったことがあるが、ここに移ってきたのか!)などとフセンを貼ったのが三十数カ所。フレンチ、イタリアン、割烹、中華料理など、きら星のごとく名店が列記されるが、アンコウ鍋やドジョウの老舗、さらにはラーメンの店まで紹介される。

 たとえば、「かつて暇があれば京都で遊び歩いていた頃、旅のおしまいはこの店と決めていた」のが、「黒いラーメンと黒いチャーハン」の「新福菜館」。また、「ハルピンラーメン」は「まったくもって私的な理由で最後の午餐にふさわしい」といった具合。

 著者は、現在、飲酒を完全に断っているという。体にダメージを受けることなく、なにかに徹することなどできない。(集英社インターナショナル 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る