• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
坂崎重盛
著者のコラム一覧
坂崎重盛編集者、エッセイスト

1942年、東京都生まれ。編集者、エッセイスト。千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。著書に、「東京煮込み横丁評判記」「『絵のある』岩波文庫への招待」「粋人粋筆探訪」など多数。BSジャパンの「酒とつまみと男と女」に出演し、不良隠居として人気に。

「味覚小説名作集」大河内昭爾/選 

食うということの本能の悲しさ、不気味さが伝わってくる

 人間、しょせん色気と食い気といわれてきた。色欲も業が深いが食欲もそれに劣らない。この「味覚小説名作集」を通読して改めてそう痛感した。

 近代文学の名作として知られる芥川龍之介の「芋粥」、岡本かの子「鮨」、上司小剣「鱧の皮」のほかに矢田津世子「茶粥の記」、水上勉「寺泊」、円地文子「苺」、耕治人「料理」、庄野潤三「佐渡」の8編が収録されている。

 飲み食い関連の文章を読むのが好きなので、すでに「鱧の皮」「茶粥の記」「鮨」「芋粥」は何度も読んでいる。

 今回初めて読んだ「寺泊」「苺」「料理」「佐渡」が4作4様、それぞれ素材も料理の手並みも異なり、不気味だったり、女性のエロスを感じさせられたり、食の怖さを味わわされたり、食をめぐるさりげない身辺のできごとが語られたりする。

「寺泊」に登場する食の主役はタラバガニだ。寺泊という地元漁村でたまたま出くわした光景――ただ、やみくもにカニを食う群衆の描写なのだが、そのなかの1組の男女が……カニというもののイメージなのか、食うということの本能の悲しさ、不気味さが伝わってくる。

「苺」では、長年付き合ってきた女友達の食の好みがガラッと変わったことを男が知る。これが物語の伏線となる。苺がなによりの大好物だった彼女が、苺を見向きもしなくなっている。なぜか?――女性の心と生理が謎の解答となる。

「料理」は、ちょっとした恐怖小説だ。存分にもてなされる食の恐怖――これは芥川の芋粥に通ずる怖さ。これでもか! という量の料理が相手を圧倒し、むしばんでいく。

 それに対し「佐渡」は梅干し、鰹節、そして豆腐といったなじみ深い食材から入るエッセー風小説のため、ゆったりとした気分で読み進められる。編者自身、食の雑誌を主宰してきた文芸評論家だけに、選びぬかれ構成された作品メニューを存分に味わいたい。(光文社 740円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る