北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「誰がために鐘を鳴らす」山本幸久著

公開日: 更新日:

 青春小説である。しかも主人公は高校3年の錫之助。山本幸久の愛読者なら、おやっと思うだろう。「いつも仕事仲間がいた」という傑作コピーがいまも強い印象を残している「凸凹デイズ」(内容も傑作だ)を筆頭に、山本幸久の作品には働く人間を主人公にしたものが多い。そういう作者が高校生を描くとは珍しい。

 高校3年になったばかりの錫之助が、ハンドベル部を作る顛末記だが、そのハンドベルとは、ピアノの鍵盤をばらばらにして、その1本1本をベルに置き換えたものであり、音符ひとつにつき、ハンドベル1本になるから複数の人間が心をひとつにして、演奏しなければならない。

 錫之助をはじめ全員が素人だから、これから習得するのは大変だが、問題は錫之助の通う高校が、彼の卒業と同時に廃校が決定していること。つまり今から新たなことに取り組んでも、1年間の限定つきなのだ。どのみち1年すれば卒業だが、学校があれば卒業後に遊びに来ることが出来る。しかしそれも出来ないのだ。青春とはもともと期間限定の季節だが、つまり本書は二重に限定された物語なのである。

 個性豊かな登場人物、巧みな挿話と鮮やかな構成。すべてが素晴らしい。読み始めるとやめられない面白さだ。山本幸久は軽妙な作風に定評のある作家だが、本書は「軽妙さ+感動」という傑作である。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  8. 8

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る