「バベル九朔」万城目学著

公開日:  更新日:

 主人公は雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしながら、小説を書いている。といっても、新人賞の1次選考も突破できない作品ばかり。電気、水道メーターをチェックし、殺鼠剤をまき、蛍光灯を取り換え、地味な管理人生活を送っている。

 ある日、ビルの階段で、黒いワンピース、黒タイツ、黒サングラスの女に遭遇する。女は彼に尋ねた。

「扉は、どこ?」

 今はなき祖父が建てたこのビルには、何か秘密があるのだろうか。カラスの化身のような妖しい女が現れてから、代わり映えしない日常に裂け目が生じた。

 祖父が描いたという青い小さな油絵に触れたとたん、彼は水にのみ込まれ、気がつくと湖のほとりにいた。

 ぽつんと一人そこにいた少女の導きで、天高く伸びたもう一つのバベルを目にする。「みんなの願いがかなう場所なんだよ、ここは」。死んだ祖父の声がする。予想もつかない展開が読者を異界へ引きずり込んでいく。

 小説家になる前、実際にビルの管理人をしていたという作者のリアルな実体験と、奇想天外な発想が混然一体となった奇書。

 夢にかけてみたものの、本当に何とかなるのだろうか。もうあきらめようか。揺れる若者の心に寄り添う青春エンタメでもある。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る