「すしそばてんぷら」藤野千夜著

公開日:  更新日:

 下町で祖母と2人暮らしの寿々は、早朝のテレビ番組でお天気おねえさんを務めているが、婚約者の心変わりでいきなり破談になった。そのうえ気象予報士の試験にも落ちた。

 事務所の社長が赤穂浪士も食べたという老舗の豆腐料理屋〈笹乃雪〉で残念会をしてくれたのだが、あまりのおいしさに感激。さらに店の娘が赤穂浪士のひとりに恋していたことを聞いて、胸がキュン。

 社長夫婦の提案で、「江戸まちめぐり」というブログを開設することになり、祖母と幼馴染みの寛太を連れて、どぜう鍋、笹巻けぬきすしなど江戸の味を体験する。読んでいると心がほっこりする食べあるき小説。(角川春樹事務所 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る