「すしそばてんぷら」藤野千夜著

公開日:  更新日:

 下町で祖母と2人暮らしの寿々は、早朝のテレビ番組でお天気おねえさんを務めているが、婚約者の心変わりでいきなり破談になった。そのうえ気象予報士の試験にも落ちた。

 事務所の社長が赤穂浪士も食べたという老舗の豆腐料理屋〈笹乃雪〉で残念会をしてくれたのだが、あまりのおいしさに感激。さらに店の娘が赤穂浪士のひとりに恋していたことを聞いて、胸がキュン。

 社長夫婦の提案で、「江戸まちめぐり」というブログを開設することになり、祖母と幼馴染みの寛太を連れて、どぜう鍋、笹巻けぬきすしなど江戸の味を体験する。読んでいると心がほっこりする食べあるき小説。(角川春樹事務所 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る