「すしそばてんぷら」藤野千夜著

公開日: 更新日:

 下町で祖母と2人暮らしの寿々は、早朝のテレビ番組でお天気おねえさんを務めているが、婚約者の心変わりでいきなり破談になった。そのうえ気象予報士の試験にも落ちた。

 事務所の社長が赤穂浪士も食べたという老舗の豆腐料理屋〈笹乃雪〉で残念会をしてくれたのだが、あまりのおいしさに感激。さらに店の娘が赤穂浪士のひとりに恋していたことを聞いて、胸がキュン。

 社長夫婦の提案で、「江戸まちめぐり」というブログを開設することになり、祖母と幼馴染みの寛太を連れて、どぜう鍋、笹巻けぬきすしなど江戸の味を体験する。読んでいると心がほっこりする食べあるき小説。(角川春樹事務所 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る

人気キーワード