「ブロッケンの悪魔」樋口明雄著

公開日:  更新日:

 山梨県警南アルプス署山岳救助隊の隊員・夏実は、シーズン中、白根御池小屋に隣接する警備派出所を拠点に遭難者らの救助にあたっている。大型台風が接近したある日、夏実は登山道ですれ違った屈強な2人組の登山者に違和感を抱く。夕方、3つの林道が爆破され、北岳一帯は陸の孤島と化す。同時に北岳山荘が、宿泊客を装ったテロリストによって制圧される。犯人は数日前に基地から研究用の猛毒VXガスを強奪した元自衛官たちだった。

 彼らは、北岳山頂からランチャーを発射してVXガスを東京上空に散布する用意があると宣言し、政府にさまざまな要求を突き付けてくる─―。

 日本第2の高峰を舞台に繰り広げられる山岳エンターテインメント。(角川春樹事務所 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る