「おしょりん」藤岡陽子著

公開日: 更新日:

 明治33(1900)年4月、麻生津村の庄屋・五左衛門が経営する羽二重工場は、火事で取引先の機織り業者を失い倒産してしまう。工場は五左衛門が、弟の幸八の助言を受け、村に産業を興すために2年前に建設したばかりだった。4年後、大阪に出稼ぎに出ていた幸八が、今度は眼鏡の枠づくりを持ち掛けてくるが、五左衛門は聞く耳を持たない。村には眼鏡をかけている人などおらず、需要があるとは思えないのだ。

 しかし、幸八はこれから本や新聞を読む人が増え、眼鏡が爆発的に普及すると1年がかりで兄を説得。明治38年、村人たちが反対する中、2人は工場を立ち上げる。

 今に続く福井県の眼鏡産業の基礎を築いた兄弟を主人公にした評伝小説。(ポプラ社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る