• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おしょりん」藤岡陽子著

 明治33(1900)年4月、麻生津村の庄屋・五左衛門が経営する羽二重工場は、火事で取引先の機織り業者を失い倒産してしまう。工場は五左衛門が、弟の幸八の助言を受け、村に産業を興すために2年前に建設したばかりだった。4年後、大阪に出稼ぎに出ていた幸八が、今度は眼鏡の枠づくりを持ち掛けてくるが、五左衛門は聞く耳を持たない。村には眼鏡をかけている人などおらず、需要があるとは思えないのだ。

 しかし、幸八はこれから本や新聞を読む人が増え、眼鏡が爆発的に普及すると1年がかりで兄を説得。明治38年、村人たちが反対する中、2人は工場を立ち上げる。

 今に続く福井県の眼鏡産業の基礎を築いた兄弟を主人公にした評伝小説。(ポプラ社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る