「おしょりん」藤岡陽子著

公開日:  更新日:

 明治33(1900)年4月、麻生津村の庄屋・五左衛門が経営する羽二重工場は、火事で取引先の機織り業者を失い倒産してしまう。工場は五左衛門が、弟の幸八の助言を受け、村に産業を興すために2年前に建設したばかりだった。4年後、大阪に出稼ぎに出ていた幸八が、今度は眼鏡の枠づくりを持ち掛けてくるが、五左衛門は聞く耳を持たない。村には眼鏡をかけている人などおらず、需要があるとは思えないのだ。

 しかし、幸八はこれから本や新聞を読む人が増え、眼鏡が爆発的に普及すると1年がかりで兄を説得。明治38年、村人たちが反対する中、2人は工場を立ち上げる。

 今に続く福井県の眼鏡産業の基礎を築いた兄弟を主人公にした評伝小説。(ポプラ社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る