「『かぐや姫』誕生の謎」孫崎紀子著

公開日:  更新日:

 日本最古の物語「竹取物語」の謎に迫ったノンフィクション。

 大きな謎のひとつはその作者であるが、著者は菅原道真の孫・文時の名を挙げる。宮廷で全国の神社の神階やなまりを正しくする仕事に携わっていた文時は、大和国広瀬郡「さるき(散吉)神の社」を「さぬき(讃岐)神社」になまりを正した。しかし、これにより道真が編纂した「日本三代実録」の中の二注の散吉神をも消してしまうことに。たたりを恐れた文時が「さるき」を別の形で残そうと書いたのが「さるきのみやつこ」を主人公とする「竹取の翁の物語」だと説く。

 日本書紀に登場する渡来人から中世ペルシャと日本のつながりを考察しながら、竹取物語誕生の謎を解き明かす。(現代書館 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る