• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
坂崎重盛
著者のコラム一覧
坂崎重盛編集者、エッセイスト

1942年、東京都生まれ。編集者、エッセイスト。千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。著書に、「東京煮込み横丁評判記」「『絵のある』岩波文庫への招待」「粋人粋筆探訪」など多数。BSジャパンの「酒とつまみと男と女」に出演し、不良隠居として人気に。

「大衆酒場の達人」久住昌之ほか著

写真を見ているだけで腰が落ち着かなくなる

 春が来て散歩シーズン、呑み日和になったせいか、気合の入った酒場本が目につく。

 入手したのは、「散歩の達人 20周年記念企画 酒場100軒」と「大衆酒場の達人」の2冊。どちらも、この3月の刊行でムック形式のビジュアル本。「酒場100軒」は「その道のエキスパート100人が、“心の一軒”を選ぶ」という呑み紳士録的構成。不肖シゲモリも参戦。

 そのすぐ後に出たのがこの「大衆酒場の達人」。表紙でホッピー、キンミヤの大ジョッキを手にうれしそうな顔をしているのは「ホッピーマラソン」の大竹聡大人ではないですか! 登場する他のメンツもすごい。「孤独のグルメ」の久住昌之、「KING OF POP」の江口寿史、ビール通にしてミスマッチビール“変態飲み”提唱者・柳沢きみお、そして無頼派芥川賞作家・西村賢太という豪華キャスト。

 巻頭の「東京煮込み三十六景」に目が吸い寄せられる。麻布十番の「あべちゃん」、秋葉原の「赤津加」、森下の「山利喜」……それぞれ味は微妙に異なるが、確かに煮込みの名店だ。写真を見ているだけでも、腰が落ち着かなくなる。おや、浅草の「さくま」が入ってないな。取材を断られたかな。そうか、月島の「岸田屋」、立石の「宇ち多゛」、門前仲町の「大坂屋」もない。なるほどネームに「撮影を申し込んだものの丁重に断られた」とある。

 そうでしょうね。煮込みのうまい居酒屋は例外なくいい大衆酒場ですから人気店、スッと入れればラッキーというもの。

「もつ焼き番付」もすごい! 番付編成は「もつマニア」の浜田信郎、「ぶらり食記」の藤原法仁、「至高のはらわた」の天羽正登。この3者が揃って横綱に挙げているのが立石の「宇ち多゛」!

 他に「せんべろ酒場ベスト20」「東京23区内で朝・昼から呑める店リスト」などなど。まさに徹頭徹尾酒場満喫本!(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る