「その『1錠』が脳をダメにする」宇多川久美子著

公開日:  更新日:

 元薬剤師の著者が、薬漬けの日本人に警鐘を鳴らす。

 血圧が高いと脳卒中のリスクが高まるが、実は降圧剤が脳卒中の原因をつくることもある。脳の血管内に血栓ができることは珍しい現象ではなく、通常であれば血管が圧力を高めて血栓を押し流してくれる。しかし、降圧剤を服用していると血圧は下がるが、血管の圧力が下がるため血栓を取り除けなくなり、脳の血管をふさぎやすくなる。

 腰痛のときなどに気軽に使う湿布薬にもリスクがある。炎症を抑える成分のインドメタシンは、皮膚から吸収されて体内に蓄積することがある。すると、解熱鎮痛剤の飲み過ぎと同様の副作用をもたらし、胃腸に潰瘍ができることすらあるという。薬に頼り過ぎるのも考えものなのだ。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る