• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「その『1錠』が脳をダメにする」宇多川久美子著

 元薬剤師の著者が、薬漬けの日本人に警鐘を鳴らす。

 血圧が高いと脳卒中のリスクが高まるが、実は降圧剤が脳卒中の原因をつくることもある。脳の血管内に血栓ができることは珍しい現象ではなく、通常であれば血管が圧力を高めて血栓を押し流してくれる。しかし、降圧剤を服用していると血圧は下がるが、血管の圧力が下がるため血栓を取り除けなくなり、脳の血管をふさぎやすくなる。

 腰痛のときなどに気軽に使う湿布薬にもリスクがある。炎症を抑える成分のインドメタシンは、皮膚から吸収されて体内に蓄積することがある。すると、解熱鎮痛剤の飲み過ぎと同様の副作用をもたらし、胃腸に潰瘍ができることすらあるという。薬に頼り過ぎるのも考えものなのだ。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る