「その『1錠』が脳をダメにする」宇多川久美子著

公開日: 更新日:

 元薬剤師の著者が、薬漬けの日本人に警鐘を鳴らす。

 血圧が高いと脳卒中のリスクが高まるが、実は降圧剤が脳卒中の原因をつくることもある。脳の血管内に血栓ができることは珍しい現象ではなく、通常であれば血管が圧力を高めて血栓を押し流してくれる。しかし、降圧剤を服用していると血圧は下がるが、血管の圧力が下がるため血栓を取り除けなくなり、脳の血管をふさぎやすくなる。

 腰痛のときなどに気軽に使う湿布薬にもリスクがある。炎症を抑える成分のインドメタシンは、皮膚から吸収されて体内に蓄積することがある。すると、解熱鎮痛剤の飲み過ぎと同様の副作用をもたらし、胃腸に潰瘍ができることすらあるという。薬に頼り過ぎるのも考えものなのだ。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  10. 10

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

もっと見る