「空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?」高城剛著

公開日:  更新日:

 最近、物議を醸しているドローンはビジネスの大きな可能性を秘めている。

 商品の宅配はもちろん、災害時の被害者の捜索、犯罪者の追跡などにも威力を発揮できる。まだ精度が低いため、着陸地点に1メートルくらい誤差があるが、ビルなどにセンサーを設置することで誤差を3センチ程度に縮小することができる。

 IT革命の次はロボティクス革命だといわれており、資金力と開発力、スピードがある中国企業が有利だが、モノづくりをアジアやメキシコに依存しているアメリカは不利だ。開発の黎明期には独裁体制のほうが有利なのだ。ロボティクス革命に乗り遅れないために日本がとるべき道を探る。(集英社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る