「空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?」高城剛著

公開日: 更新日:

 最近、物議を醸しているドローンはビジネスの大きな可能性を秘めている。

 商品の宅配はもちろん、災害時の被害者の捜索、犯罪者の追跡などにも威力を発揮できる。まだ精度が低いため、着陸地点に1メートルくらい誤差があるが、ビルなどにセンサーを設置することで誤差を3センチ程度に縮小することができる。

 IT革命の次はロボティクス革命だといわれており、資金力と開発力、スピードがある中国企業が有利だが、モノづくりをアジアやメキシコに依存しているアメリカは不利だ。開発の黎明期には独裁体制のほうが有利なのだ。ロボティクス革命に乗り遅れないために日本がとるべき道を探る。(集英社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る