• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「星はらはらと」太田治子著

 言文一致体の小説「浮雲」で、明治の文学界に登場した二葉亭四迷。エリートであったにもかかわらず、時代の風潮に違和感を覚えて不器用に生きた男でもあった。本書は、そんな二葉亭四迷に魅せられた著者が彼の生きた道筋をたどりつつ、多くの男が立身出世を目指し、列強に負けない強い国へとひた走った明治という時代も浮き彫りにした評伝記だ。

 元治元年に江戸・市谷で生まれてから、赴任地・ロシアからの帰国途中に肺結核で亡くなるまでの45年の人生は、どのようなものだったのか。エリート官吏の職になじめずに、まるで現代のフリーターのように生きた二葉亭の生き方を、「浮雲」の主人公・内海文三の優しくも要領の悪い生き方に重ねて追いかけていく。

 日本とロシアが再び戦うことのないよう日露交流の懸け橋になろうと志したこと、文士として生きていく契機となった坪内逍遥との出会い、女性に対するナイーブすぎる態度などが次第に浮かび上がる。彼の下宿したロシア・サンクトペテルブルクのアパートにも実際に足を運んでおり、二葉亭が好きで仕方ないという著者の情熱が伝わってくる。(中日新聞社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る