「星はらはらと」太田治子著

公開日: 更新日:

 言文一致体の小説「浮雲」で、明治の文学界に登場した二葉亭四迷。エリートであったにもかかわらず、時代の風潮に違和感を覚えて不器用に生きた男でもあった。本書は、そんな二葉亭四迷に魅せられた著者が彼の生きた道筋をたどりつつ、多くの男が立身出世を目指し、列強に負けない強い国へとひた走った明治という時代も浮き彫りにした評伝記だ。

 元治元年に江戸・市谷で生まれてから、赴任地・ロシアからの帰国途中に肺結核で亡くなるまでの45年の人生は、どのようなものだったのか。エリート官吏の職になじめずに、まるで現代のフリーターのように生きた二葉亭の生き方を、「浮雲」の主人公・内海文三の優しくも要領の悪い生き方に重ねて追いかけていく。

 日本とロシアが再び戦うことのないよう日露交流の懸け橋になろうと志したこと、文士として生きていく契機となった坪内逍遥との出会い、女性に対するナイーブすぎる態度などが次第に浮かび上がる。彼の下宿したロシア・サンクトペテルブルクのアパートにも実際に足を運んでおり、二葉亭が好きで仕方ないという著者の情熱が伝わってくる。(中日新聞社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード