「ポーラースター☆ゲバラ覚醒」海堂尊著

公開日: 更新日:

 時は1951年12月。ブエノスアイレス大学医学部在学中のエルネスト・ゲバラ・デラセルナは、友人のピョートルと一緒にオートバイで南米縦断旅行に出かける計画を立てていた。ところが、ひょんなことから恋人のエリーゼの家族の前でプロポーズをする羽目になり、計画は延期。それでも旅を諦めることはできず、婚約者が止めるのを振り切ってピョートルとオンボロバイクにまたがってアルゼンチンを後にする。

 エクアドルのバナナ農園やペルーのハンセン病施設など、各地で目にした貧困や労働者への弾圧は、多感な青年の心に深く刻まれる。旅は友人の死によって突然終わりを告げるが、戻ってきた祖国にはすでに自分のいる場所はなかった─―。

 来年没後50年を迎えるチェ・ゲバラと彼が携わった中南米革命を描く4部作の第1弾。史実に基づきながらも、エバ・ペロンとの淡い恋、ボルヘスとネルーダとの邂逅など、フィクションを巧みに織り込みながら、革命に目覚めていく青年の心情を一人称で描く。従来の医療ものとは大いに趣を異にした著者の新境地となった話題作。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る

人気キーワード