「ポーラースター☆ゲバラ覚醒」海堂尊著

公開日: 更新日:

 時は1951年12月。ブエノスアイレス大学医学部在学中のエルネスト・ゲバラ・デラセルナは、友人のピョートルと一緒にオートバイで南米縦断旅行に出かける計画を立てていた。ところが、ひょんなことから恋人のエリーゼの家族の前でプロポーズをする羽目になり、計画は延期。それでも旅を諦めることはできず、婚約者が止めるのを振り切ってピョートルとオンボロバイクにまたがってアルゼンチンを後にする。

 エクアドルのバナナ農園やペルーのハンセン病施設など、各地で目にした貧困や労働者への弾圧は、多感な青年の心に深く刻まれる。旅は友人の死によって突然終わりを告げるが、戻ってきた祖国にはすでに自分のいる場所はなかった─―。

 来年没後50年を迎えるチェ・ゲバラと彼が携わった中南米革命を描く4部作の第1弾。史実に基づきながらも、エバ・ペロンとの淡い恋、ボルヘスとネルーダとの邂逅など、フィクションを巧みに織り込みながら、革命に目覚めていく青年の心情を一人称で描く。従来の医療ものとは大いに趣を異にした著者の新境地となった話題作。(文藝春秋 1750円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  4. 4

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  5. 5

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る